Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

空木の影 小さな窓に

Index

114: 声がかき消される 吹雪が私の身体全体を真っ白に包んでいく やがて太陽が沈む 山は夜と重なりあい ひとつになる

今までブログをご覧になってくださり,また

113: 約束

ずっと続いていくと思っていたものが、あっ

112:

「時々ママはね、坊やがわたしの想像の世界

111:

女はうつむけになり、藁の中に頬を埋めて動

110: 言葉の色

しゃべれなくなって2日間くらいは、私はし

109:

108:

107: かたい約束と 忘れた言葉

私は大切にその痛みを撫でた。摩擦は思った

106: 白 

ずっと身体の中にあって、いつも振り回され

105:

「小学校の頃の若葉ちゃん、いつもきらきら

104:   白い壁に圧される 

熱がコントロールできなくて、それをぶつけ

103: 機会

「人は自分の死を予知できず、人生を尽きせ

102: 黒い鍵

101: 思いおこす

100: 優しい人々

水の入った器私は最近になって,自分の目が

99: メモに残した者たち

98: 残りの椅子

97: 継続している夢

96: 目を隠す

95: 「          」

94:

93: まだ 夜が明ける前に

92: また春が過ぎていく

91: 2人になる夢をみた

90: 塞がれていく道

ひっそりと夏は去った 暖かいというだけで

89: 無 私

本居宣長の説によれば、「かんがふ」は、「

88:

先日,新宿の画廊で久しぶりに母に会った。

87: 捨て犬のように眠る

86: 手のひらに残る花びらを

85: 不確かなもの

84: TUGUMI

83: 未完成

82: イノセントワールド

81: 放浪する商人たち

80: サイバー

アートアタックに,デフォルトの宇宙服を着

79: 境界線のない部屋

78: ブライスの髪形

昨年,色んな方のblogを拝見していた時

77: 灯りを燈す  

月の光は去った。 夜の闇がすべてを覆う。

76: 絵本との出会い

私は幼稚園の頃,忘れられない一冊の絵本に

75: 何者

キングクリムゾンのロバート・フリップは,

74: 風のように

73: 紫と黒の華やかさ

72: はじめまして ごきげんよう

仕事が一段落したので,以前から,ずっと部

71: もしも生まれ変わるとしたら

私は1人で食事をするのが好きです。しかし

70: 人のような影

69: 収穫祭

68: まだ人の心で

大切なことはぜんぶここにある泣くこと 笑

67: 聖家族

66: 口ずさむ歌

65: 小さな惑星

64: 白い本棚

63: 顔のついたもの

62: きみはみる

開放/閉鎖目を閉じるな目を見開いたまま、

61: いつまでも一人で隠れんぼを   

60: 選ばれた者  「マリアの心臓」について

かつて,渋谷にあった「マリアの心臓」が再

59: 乾いた皮膚

58: 黒い本

先日,アレハンドロ・ホドロフスキーの書物

57: 蒼い兎

56: からだ

55: 春に

54: 瞼の内で

夏至の水銀柱が登り詰めたところから積乱雲

53: 永遠

もう一度探し出しだぞ何を? 永遠を。それ

52: ロザリンペルレ レースと花ことば展に ②

何と云われてもわたくしはひかる水玉つめた

51: ロザリンペルレ レースと花ことば展に ①

2月25日,ロザリンペルレの個展「レースと

50: 視界の外

49: アリスの休息

本日は,久し振りにロザリンペルレに伺いま

48: 子どもの情景

47: 子ども

テレビで,赤ん坊を抱いている母親の映像が

46: 桜の木の下には

45: まるい言葉 鋭い言葉

44: また誰かが微笑みかける だから私は

生きているかぎり、私たちの経験は、さらに

43: この世界で一人

     名前は その人のためだけに用意

42: 命について

命について考えていた。あれは,私がまだ小

41:

目が眩むほどの太陽に照らされた入り江の見

40:

立棺2わたしの屍体を地に寝かすな おまえた

39:

38: 2つが2つのままで 

いつの間に長き眠りの夢さめて 驚くことの

37: 白亜の夢を

あのころは、まだ夜ごと、夢を見たから、世

36: まるで異星人の如く

35: やわらかな風を感じる

34: そう遠くないところに

どんなに厳しい冬も,いつかは去っていく。

33: 少年の頃

けふのかぐはしい初夏の野原で きらきらす

32: 欠席者は誰? 「アニバ会」の皆さま

31: 待つ人たち

30: 午後の微睡

どこにこのような内部を包む外部があるのだ

29: 壊れる劇場 きみは後ろ姿 私はまだ部屋の中

28: こたえ

27: 無機質な愛

電線の先で分裂していくキョウノテンキの裂

26: まぼろし

北海道旭川市南が丘に,雪の美術館と呼ばれ

25:

24: an attic roomのまぐさんと,ドールコレクターの会

23: ステラセレンディピタスの肖像

22: ひとり

水着を広げたら去年の砂がこぼれ落ちた 骨

21: 硝子のカーテン

冷たい風が吹いている。耳や,鼻や,目に,

20: 時間の片隅に

近くには灰色のオリーヴ遠くには灰色にけむ

19: 目をあらう

劉徹絹ずれの音はとだえた塵は中庭の上にた

18: 時の化石に

どこで めぐり逢えるかなあの日 夢見た季

17: みんな家族だから  アニバーサリーエキシビジョン「スウィート セレブレーション」を見て思うこと

今日は,ブライス15周年記念のアニバーサリ

16: 羊のように優しく

ジュニームニーキューティに赤ずきんのOFを

15: ひかり

美は人を沈黙へ導く。 ひかりを集める器を

14: その手に舞い落ちる

梅の花それとも見えず久方の天あまぎる雪の

13: 色褪せない記憶

「クリムゾン・グローリー、なかなか咲かな

12: 山の中できこえる

庵中独坐こころおちつけば水の音ひらひら蝶

11: 空を見上げる 一番星を見つけた子どもの声

逢瀬のひとときまたひとときを僕たちは祝っ

10: ドストエフスキーの描写

ドフィーヌ・ドリームのアリスドレスのエプ

9: 帽子屋をお探しですか

学生時代,同級生に,帽子が大層似合ってい

8: 軽やかに

この場所で私は さっき鳥の声に驚いて白く

7: 隣人の音

今まで空だった隣の家から,僅かに音が聞こ

6: 天使の肌

以前にドールショウで購入したドレスです。

5: 空の記憶

 冬空の下で,白くておおきな貝殻をひろう

4: 魔法の鍵を

スカートのフロントについたレースのグラデ

3: アリスの仮面

ジョン・テニエルの描くアリスの作品には,

2: 余白

意志を持たない物の美にほんブログ村にほん

1: 夢の中で夢をみる

晴れた日の朝,柔らかな白いニットについた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。