Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

空木の影 小さな窓に

その存在は完全な光

昨日は新宿でホドロフスキー監督の「エンドレス・ポエトリー」を観ました。前回の「リアリティのダンス」の続編でしたが,以前の作品をご覧になっていなくても心を鷲掴みにされる作品ではないかなと思います。詩的な台詞,芸術的な映像,両親の愛と抑圧を越えて,真実に向かう青年の姿に感銘を受けました。まるで夢をみているような,圧倒的な世界観に圧倒されました。まだ公開されていますので,芸術的な映画や,家族の問題を描い...

いつもどこかで

金曜日が終わりました。古井由吉の「杳子・妻隠」を読んでいます。書物の世界なのに、昭和の時代にタイムスリップしたようで心地よいです。実はそれほど昭和の空気感を知らないのですが・・・ただ、昭和期は、現代とは色々と違うなと感じます。...

閉じた花のように

因幡国に、何の入道とかやいふ者の娘、かたちよしと聞きて、人あまた言ひわたりけれども、この娘、ただ栗をのみ食ひて、更に米(よね)のたぐひを食はざりければ、「かかる異様(ことよう)のもの、人に見ゆべきにあらず」とて、親許さざりけり。徒然草 第40段...