Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

空木の影 小さな窓に

永遠

もう一度探し出しだぞ何を? 永遠を。それは、太陽と番った海だ。  永遠   アルチュール・ランボー 堀口大學訳...

アリスの休息

本日は,久し振りにロザリンペルレに伺います。とても楽しみです。...

子ども

テレビで,赤ん坊を抱いている母親の映像が映った。私は,その姿が視界に入っている間,ずっと以前に,自分の姪っ子が幼かった頃のことを思い出していた。私の姉は,出産して間もない頃に,姪っ子を連れて実家へやってきた。姉の夫がイギリスで仕事をし,姉が東京で働いていた関係で,小さな姪っ子は,私と両親の住む家で,一緒に暮らすことになったのである。母も,幼い姪っ子との共同生活が楽しかったみたいで,誰よりも面倒をみ...

空の記憶

 冬空の下で,白くておおきな貝殻をひろう。ざらざらとした質感と,すべすべとした質感が皮膚を通して伝わってくる。海水をきり,手に握りしめて砂浜を歩く。サラサラとした砂が,ブーツのつま先からこぼれ落ちる。道はどこまでも続いている。水平線の彼方に,あたたかな夕日に染まった光が重なりあう。遠い日の話。あれは5月のはじまりの休日だった。父が,白い鳥の凧を青空に上げた。風が優しく凧を浮かばせ,長い糸はまっすぐ...