Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

空木の影 小さな窓に

スポンサーサイト

色褪せない記憶

「クリムゾン・グローリー、なかなか咲かないね」君は、まだ花びらを見せない小さな深紅色のつぼみを指先で撫でながら、 澄んだ声でそう呟いた。 真っ赤なつぼみに、君の白い指先がよく映える。 蔦の間から、硝子ごしに光が差し込み温室の中を照らしている。 緑色の光に包まれたその空間の中、時間はゆるやかに流れていく。 校舎から離れた場所にひっそり佇むこの温室は、 その硝子の壁一面を、蔦が深く生い茂っているからか、 気...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。