FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

空木の影 小さな窓に

01
2018  21:50:18

アンティークとブライスの親和性の高さ



IMGP6268.jpg

昨日に紹介した、えむこさんのブライスを、別のアングルで撮影させていただきました。まず目に飛び込んでくる独特のデザインの帽子は、有名な作家のデザインされたもののようです。私も数年前は、この作家について認識していたと思いますが、しばらくOFの購入を控えていたせいか、詳細を失念してしまいました。
装飾的なデザインの帽子で、非常に攻めていますね。顎を押さえている赤い紐の鮮やかさにも惹かれます。そして、文字の入った生地がひと際目を引きます。素晴らしい。

また、こちらの深みのある色彩のお洋服は、レオニダス氏のデザインです。1900年初期のフランスのアンティークの衣装みたいだな~と思いましたが、欧米の有名なメゾンのお洋服のデザインを参考にして作られているそうです。私が時々、自分のお洋服を買うために訪れるお店、ジャンヌバレ(代官山のアンティーク・ヴィンテージショップ)にも置いていそうな、味わい深いデザインです。

しかし、この帽子にレオニダス氏のお洋服を合わせられるとは・・・。えむこさんのスタイリングのセンスも気になります。
どんなに奇抜な色・デザインでも問題なく合わせてしまうブライスは、本当に面白い人形ですね。



さて、次回はそろそろ私が撮影会に持って行ったブライスたちを掲載していきたいと思います。


IMGP6421.jpg





にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 カスタムブライス

1 Comments

miki2017  

Tさん

こんばんは。同じドールでも、オーナーの個性でガラリと印象を変えますね。また、オーナー自身の変化も反映され、どんどん磨かれてくこともあります。長年、活動をしている芸能人もデビュー当時の姿から次第に洗練されいくように、ブライスも人間に観られることによって変わっていくように思います。いつもガラスケースに入っている「商品としてのブライス」が、何の輝きも持っていないことが、それを証明しています。
素敵な方との出会いが、ブライスを美しく、可愛く変えていくと思います。

2018/02/02 (Fri) 20:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment